草食系男子

要はいい人=H

草食系男子というキーワードが、巷で話題になり始めたのは、

 

2007年くらいからですが、まだその定義は曖昧です。

 

 

一応、草食系男子というのは、

 

協調性があって、優しく家庭的な性格だけど、恋愛に対して積極的でない

 

という性格の男性だそうですが、そういう男性が最近になって登場した

 

新種≠ゥというと、昔からこういう男性はいました。

 

 

 

こういう性格の男性は、女性からは

 

いい人

 

と言われ、相談相手にはうってつけで、そういう意味では

 

女性から頼りにされる一面もありましたが、いい人≠ニいうのは、

 

どうでもいい人

 

と同義の意味でも使われていて、女性にとっては

 

嫌いじゃないけど、恋愛対象にはならない人

 

であったわけです。

 

 

よくありますよね。この「いい人」って言葉。

 

言われた男性からしても褒め言葉には聞こえないですよね。

 

でも女性は褒め言葉として使っている場合もあるそうですね・・・。

 

 

 

ところが、こういういい人≠ェ、女性にとって恋愛対象になり始めたようで、

 

結果的に草食系男子≠ニいうキーワードが当てはめられた、という事になります。

 

 

 

ひと昔前までは女性の恋愛対象には、なかなかならなかったはずの草食系男子が、

 

にわかに注目を浴び始めたのは、彼らの優しい性格が認められた、というわけでもなく、

 

20代から30代の男性にそういう性格の男性が増えた
という事情のようです。

 

 

そうした草食系男子がどうして増殖したのかをちょっと考えてみましょう。