草食系男子

とにかく争いがキライ!

草食系男子は、とにかく争いが苦手です。

 

 

草食系男子は、争いによって他人を傷つけることも、
傷つけられることもキライで、とても繊細な生き物なのです。

 

 

ですから、学生時代にヤンチャをして友達と喧嘩をしたりする事も
まずありませんでした。

 

人を傷つけるどころか、口で喧嘩をするのも嫌なんです。

 

 

草食系男子

 

 

争い嫌いなのは大人になっても変わらないので、
それ故に、会社内での会議やチーム内でのゴタゴタを収める為に
草食系男子が火消し役に回ることが多いのです。

 

 

かくいう私自身も争いごとが嫌で、火消し役として必死に回りました。

 

 

過去に私が取った行動ですが・・・

 

 

偏った意見だけ聞くと意見のバランスが取れなくなる場合があるので、

 

片方の意見をよく聞き、さらにもう片方の意見を聞き、

 

両方の言い分を纏めた上で、お互いの話し合いの場をセッティングします。

 

 

 

このセッティングが完了するまでには、大変な労力と時間がかかります。

 

 

メールで愚痴を聞いたり、相手と1対1で腹を割った話し合いをしたり、
常に、相手を尊重しながら、気を立てないように慎重に言葉を選びます。

 

これも、相手を傷つけたくない、傷つきたくないという
ある意味、優しさ一心であるが故だと思います。

 

いざ話し合いが開始されれば、またお互いの言い争いが起こりますが、
ここでも草食系男子の出番!

 

お互いの言い分を論理的に組み立て、建設的な意見で纏めちゃいます。
それで納得すれば、草食系男子としてはありがたいもの。

 

 

こうして、誰も傷つくことも無く、
自分も傷つけられることも無く、争いは避けられたという訳です。

 

 

うーんなんだか、弁護士や裁判官にも似た感じですね〜。

 

前述しましたが、この行動には非常に労力を費やす為、
最初から争いごとを生まない環境を大切にしたいというのは、
やはり、草食系男子故でしょうね。