草食系男子

本当は草食系や肉食系は無意味

こんな事を言ってしまうと、元も子もないのですが、

 

『本当は草食系や肉食系のカテゴライズは無意味!!』
なのかもしれません。

 

(あ〜言っちゃった・・・)

 

 

 

これまで、草食系男子や肉食系女子、あるいは昆虫系男子といった、

 

男性や女性のカテゴライズに関して、あれこれと紹介してきましたが、

 

実はこうした人間のカテゴライズは、あまり意味のある行為ではありません。

 

 

自分の周りにいる人に対して、

 

「あの人は、草食系男子。アイツは肉食系男子」

 

という評価をしても、それはあくまで観る側の

 

主観でそう見えているだけ

 

だという事を忘れてないようにしましょう。

 

 

昨日まで草食系男子≠セった男性が、突如

 

肉食系男子に変貌する

 

事も十分にあり得るのです。

 

 

たとえば、その男性が女性に対して積極的でないのは、

 

これまで女性経験がなくて、女性の扱い方が判らないから

 

草食系≠セっただけで、一度女性との付き合い方を

 

覚えてしまったら、途端に好みの女性に積極的にアタックする

 

肉食系≠ノ変身することは珍しくはありません。

 

 

結構回りにそういう人居ませんか?

 

妙な自信を持ってしまった男性とか。。。

 

 

 

または、これまでは典型的な肉食系男子だった男性が、

 

本気で惚れてしまった女性に気に入ってもらう為に、

 

草食系っぽくなったりする場合もあります。

 

 

ですから、草食系男子や肉食系女子、あるいは昆虫系男子といった

 

カテゴライズは、人と接する場合の参考程度にはなりますが、

 

そのカテゴリに囚われてしまうのは、無意味なことでもあるのです。

 

 

ただ一つ言うならば、
誰から見ても草食系な男性が存在しているのも確かなのです。

 

真性の草食系男子とでも言いましょうか。

 

 

プチ草食系男子だったらたくさんいるかもしれませんよね。